ショートコメント

ハサミで、たとえば布を切ったとしましょう。その時、
布は切れず2枚の刃の間に挟まってしまう場合があります。


これはハサミ()が、ハサム(挟む)に変わってしまったためです。

もともと良質なハサミであれば、ハサムになってしまっても、
刃研ぎ・調整などによる再生利用が可能です。

  ひどく錆びた物や変形させた物はご遠慮下さい。
  新しく良質な品をお求めになることをお勧め致します。


このように良質ハサミは、
「資源のムダ使いと廃棄物の増加などを防ぐ”環境優良品”である」

さらに「使い心地の良いハサミは、精神衛生的にも良い」と
手前勝手な思い込みをして、研究・開発・製作に励んでおります。

  なお実際には 刃物はまったく切れなくなる前に、
  信頼できる専門家に依頼して研いだ方が長持ちします。


    増太郎ハサミの研ぎ・修理につきましては、アフターサービス をご覧下さい。

vol 1. 東 鋏
日本流ラシャ切り鋏の始祖である "弥吉師匠" 
その弟子達によって引継がれている技術  正式名称 "関東裁鋏工業会" 
vol 2. ハサミの日
8月 3日 故 "山野愛子さん"によって制定された"ハサミの日"
vol 3. はさみ神社
開運・厄除けの神様! 
富士山麓のとある神社に古来より伝わる "はさみ" を奉納する習慣
vol 4. 安来刃物祭
日本全国から名工が集結!
刃物鋼の故郷 どじょう掬いでも有名な島根県安来市で行われている祭り
vol 5. ハサミの舞
注目のデコパージュ作家 "小室千雪さん" の情報
vol 6. 剪刀斎
かつて "剪刀斎" と称された... 名工 山口弥次郎氏
www.masutaro.com

E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp
Copyright(C)1999-2014  Masutaro Shears All Rights Reserved