LINE UP
  v1. 東 鋏
  v2. ハサミの日
  v3. はさみ神社
  v4. 安来刃物祭
  v5. ハサミの舞
  v6. 剪刀斎




































 LINE UP

私共のホームページのTOPに
東鋏という文字が載っております。


これは「トウバサミ」と読むのが正式です。
 
業界の方の中にも「アヅマバサミ」などと読まれる方がいるほどで、
一般の方々の知名度はとても低いようです。
(現在の東鋏会長は、弊社社長でした。失礼しました。)


東鋏会という会があります。
これは関東裁鋏工業会という正式名称を略した形とのことで、東鋏会
に所属している職人さんの造った鋏だけが東鋏を名乗ることが出来るのです。
この会は明治時代初頭に、ラシャ布が日本へ入って来たことが発端です。

現代でも優秀な刀匠はたくさんいらっしゃいますが、江戸時代の刀鍛冶のなかには、日本刀だけを造っていたのではなく、植木屋鋏や花鋏などの生活用具を製作し、生活していた方がいたのです。

写真は弥吉師匠の功績を称える石碑
東京 台東区 「永稱寺」
時代は明治となり、廃刀令などもあって日本刀の需要も激減してしまいましたが、西洋より新しい文化が入って来たのもこの時代でした。
当時始まる洋服(スーツまたは背広)を着るという習慣が、それを作るという産業を産み、
そのための布(ラシャ布という)や、裁断するための鋏が西洋から入って来たのが、ちょうどこの時代なのです。
日本の裁鋏(ラシャ切鋏)の起源は、この西洋から渡来した鋏を真似、日本
刀の鍛錬技術を活かして造り出したことから始まります。

裁 鋏(ラシャ切鋏)の始祖 
「 弥 吉 師 匠 」


日本刀鍛錬の技術により、日本の裁鋏を創造したのが、吉田弥十郎。
通称「弥 吉」と呼ばれていた人物です。


江戸の刀 匠 水心子正秀の弟子である刀 匠 小塚原金蔵、その弟子であった吉師匠は、
物資の乏しかった時代に、まず1本の鉄材を熱して打ち伸ばしハンドル部分を造り(輪造り)、刃の部分に鋼を乗せてさらに打ち伸ばして全体を形造るという方法により裁鋏を造りました。
この方法は「総火造り」と言わています。

ハンドル部分の有る鋏(ニギリ鋏を除く)では、左右対称のものが多く存在します。
中国では、現在でも花鋏のような左右対称の鋏で縫製裁断を行っていると
とで、このことから推測すると、明治初期の日本には現代裁鋏のような手になじむ左右非対称ハンドル鋏は無かったであろうと思われ、さらに裁鋏は鋏を起こしてというか、台の上の置いたものを切り易くする為の形状です。そのため刃の部分も互いに違う形状をしています
弥吉師匠が創り出した手法で造った裁鋏(当時はラシャ切鋏)の精巧さは、日本鋼の優秀性も手伝い、日本人の感性に合う鋭い切れ味と使い易さ有しており、需要を伸ばしていったものと思われます。

弥吉師匠は、需要の高まりと共に数十名の弟子を持つまでになりました。
その弟子達により、また多くの名品が産み出され服飾縫製業界に大きく貢献して参りました。
その直系の弟子達によって後年(第二次大戦後)、
東鋏会が結成されております。
この会により現在でも「総火造り」の技術は伝承され、また独特の切れ味や耐久力、使い易さの研究が継承されております。

東京 台東区根岸にある「永稱寺」境内には、弥吉師匠の功績を称える石碑が建立されておりますので、ご興味をお持ちの方は、ぜひお立ち寄り頂ければと存じます。

ご意見・ご質問など
 
 E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp にてお受け致しております。

www.masutaro.com

E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp
Copyright(C)1999-2014  Masutaro Shears All Rights Reserved