LINE UP

ハサミの日
というものがあるのです。

これは語呂合わせによるものでしょうが、8月3日に定められていまして、
始まりは1981年8月3日、当時国際美容協会の会長をされていた山野愛子さんにより提唱され、東京都港区 芝の 大本山増上寺聖鋏観音像(写真右・右下)が建立・開眼されたことに始まります。
山野愛子さんについて、お名前をご存知の方も多いことと思われます。


増上寺境内
聖鋏観音像



 聖鋏観音像縁起
 より。

 
この聖鋏観音像は、昭和56年8月3日、国際美容協会会長・山野愛子が願主
 となって大本山  増上寺境内のこの地に建立、開眼された。
 願主の一生がハサミに支えられ、お陰によって生かされたことへの深い感謝と、
 ハサミに中にみる己 を滅して他を整え美しくする働きを、観音様と拝む心とに
 よって、聖鋏観音像造立を発願。
 併せて美容はもとより、ハサミにかかわりのある、すべての人々の心の依り処
 となり、お守りとなるよ う願われて奉造された。

 聖鋏観音像は、彫刻界の長老北村西望氏の制作である。

 毎年8月3日を「ハサミの日」と定め、、世におけるつとめを果たし終えた
 ハサミをあつめてこの塚に 納め、ハサミ供養法要が厳修される。

  
  
ハサミは観音菩薩の
    
御手そのものである。

             
徹誉大僧正



以来 毎年8月3日 大本山増上寺に於けるハサミ供養の法要は、

美容関係者だけでなく、多くの方々が参加する盛大なイベントになっています。


実はこのイベントに於いてもVOL.1でご紹介しました、東鋏会が活躍しています。
初回を含めて数度、弥吉技術によるラシャ切り鋏の総火造りを実演、
そこで造られたハサミが奉納されているのです。

また「ハサミの日」の願いのごとく供養されるものがあれば、未だ活躍できるハサミがあり、毎年
 刃研ぎ/修理が、東鋏会によって行われております。
庖丁を含め、ご家庭用の刃物を中心として研ぎますので、ぜひご持参ください。

*2009年より、修理・トギなどのサービスに参加致しておりません。ご了承ください。

もちろん、この世におけるつとめを果たし終えたハサミは、供養してあげたいもので、そんな心を持てる21世紀という時代を迎えられることが、私たちの願いなのではないのでしょうか。


ご意見・ご質問など 

 
-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp にてお受け致しております。

www.masutaro.com

E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp
Copyright(C)1999-2014  Masutaro Shears All Rights Reserved