鍛造工程の後ネジ穴を開けた鋏は
熱処理の工程に入ります。



写真は全て増太郎工場内のものです。

熱処理工程

ハガネは正しく熱処理することによって、本来の特性を得ることが出来ます。

この工程でハサミは 
焼き入れ1,050℃ → サブゼロマイナス75℃ → 焼き戻し180℃
という厳しい状態にさらされます。   (SLD裁鋏)


焼入れ
予熱を加え、急激な温度上昇によりハガネの組成を壊すことがない様に
注意して行われます。
約1,050℃になっている塩化バリュウム
(ソルト)に、約5分間浸します。


SLD鋏の焼き入れ

  

サーモスタットにより一定温度に制御されていますが、眼でも判断しています。

熟練した職人の眼は、永年の経験により色で温度を判断し、

電気的機材の故障を見抜くこともあります。


熱処理専用のオイル(発火温度が低い)
で急冷します。
(50℃〜150℃)

  
この後、ハサミに付着したソルトやオイルを
洗浄剤の入った湯で煮て除去します。

サブゼロ処理
約マイナス75℃に冷やしたアルコール液に
約1時間浸します。
次にゆっくりと常温に戻します。

焼き戻し
約180℃に保たれたオイルに90分ほど浸します。
 この工程によってハガネの組織が安定し、硬さとネバリのバランスが整います。


オイルをふき取り、熱処理の工程が終了します。

  
研磨工程へ


-各工程の間に行われている、細かな作業は省きました-

www.masutaro.com

E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp
Copyright(C)1999-2014  Masutaro Shears All Rights Reserved