ある日 会社の前をうろうろする50代の紳士と老女、立ち止まってはキョロキョロしています。
ちょっと気になったので、 「何かぁ・・・ 」  声を掛けてみると、
「すみませんが、めんこ横丁はココでしたよね?」
  めっ ちょ〜!?
そうでした。
会社の南側には幅3m弱の、当時はブロック塀と板塀に囲われている路地がありました。
『めんこやベーゴマ』をしたり『紙芝居』がやって来たり、子供の頃よく遊んでいたことを思い出し、
「そうでしたね、よく集まってましたよねぇ!」  と答えると、
「ほらっ 母さん、 やっぱりタケチャンの家はこの辺だよ」 *世界の北野 武監督ではありません。
今は表札が違いますので、「○△タケ◇さんなら えーっと こちらがお住まいで・・・」 ご案内しました。
   増太郎ハサミの研削工場

 昭和35年頃
昭和30年代から40年代前半(1955〜1960年代)に掛けて、学校から帰った少年達は
この『めんこ横丁』に集まりました。
当時はどの子も鼻をたらしては上着の袖口を光らせ、見るものすべてに目を輝かせ、ブロック塀に
よじ登り、その上を素早く駆け回るような元気な少年達がたくさんいました。
          
木樽にゴム挽きシートのベーゴマ床が、50mほどある横丁の30m以上先まで並ぶこともありました。
ガキ大将がいました。
人情味があって私利私欲に走らずに人気があり、イタズラもしますが素直にあやまるとこも出来。
どんなことにも決して挫けない面構えを持つ、やさしくて頼りになる兄貴分達でした。
小さな子供達もそんなガキ大将にあこがれ、それを目指して受け継ぎ人となりを形成させていった
のでしょうか !?
当時のことを考えてみると、日本はとてつもなく裕福な国になっていたんですね。
つくづく思い知らされます。
今ではきれいに舗装されてブロック塀も板塀もありません。
そんな『めんこ横丁』が、この物質的に豊かになった日本を
作り上げてきた世代を輩出していたのでは、と。
     諸先輩方、まだまだご活躍のことと思われます。 
     お体を大切に。


現在の『めんこ横丁』  



相変わらず子供達の遊び場です。








遊び道具・・・

実は 何でもいいみたいですよ、


夕方...  ピコッ  ピコッ と、

聞こえてきました。
www.masutaro.com
増太郎ハサミ
E-mail : ki-palm@sky.bbexcite.jp
Copyright(C)1999-2004 Masutaro Shears All Rights Reserved